ブログ

イチオシ気まぐれ日記(アメブロ)は こちら

ブログ一覧

肘の痛みについて

ゴルフ肘やテニス肘など、肘の痛みがお悩みで来店される方も多いのですが、実際は、原因が「肘」とは別のところにあることが多いように思います。

ゴルフ、テニスはもちろんのこと、卓球やバトミントンもそうですし、パソコン(特に小さいマウス)を使用されている方、筆圧の高い方など、握るという動作の多い方に、肘の痛みが出やすいようです。

物を握った時や手に力を入れた時に、肘が痛む、手がこわばる、むくむような感じがする、という場合は、「肘」ではなく、「手の甲の骨」のズレが原因だと考えられます。

また、胸の筋肉のハリからも、肘の痛みが出る場合もあります。

肘には触れず、手の甲などの痛みが発生している箇所と違う箇所を矯正していると、お客様にとっては「痛いところはそこじゃないねん!」って思われることもあります。

ですが、矯正後にどんどん痛みが引いていくので、まるでマジックのようだと驚かれることもあります。

ただし、ひどい痛みの場合はとりあえず先に病院を受診ください。
病院で特に何も異常がないと診断されたのにまだ痛い、という場合は、是非一度ご来店ください。

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 1oshi

五十肩には偽物と本物があります

時々、五十肩、または四十肩だと言って来店されるお客様がおられますが、ほとんどの場合は矯正をすればすぐに改善し、その場で手が上がるようになります。
「え?五十肩じゃなかったの?」と、皆さんビックリされます。

そもそも本物の五十肩というのは、肩関節まわりの炎症が痛みの原因です。
五十肩の炎症が治る過程で、骨と腱の間などにある滑液(潤滑液のような水分)が失われてしまいます。
ネバネバと接着剤のようになってしまい、これが骨や腱などに貼りついて関節の動きを悪くし、さらにはネバネバがカチカチに固まってしまうのです。
これが「癒着」といって、全く肩が動かない状態です。

本物の五十肩なら、何をしようが全く上げることができません。
そういう時は整形外科を受診してください。

「腕が上げにくい」、「腕を上げると肩が痛い」、「前からは上がるけど後ろにまわしにくい」、「ポイントで痛い」、などの場合なら、大抵偽物の五十肩です。骨のズレです。

また、痛いから動かさない、すると筋肉や腱などが衰える、使わないからさらに固まる、痛い、といった悪循環に陥っている方も多いです。

一番厄介なのは、長時間痛みが続いた状態でいると、動かすと痛いような気がして動かさない、自分が力を入れ過ぎることによって固くしている、などといった自分でかばうクセがついてしまい、改善に時間がかかる場合もあります。(腰痛でも同じことが言えます。)

そうならないよう、不調がありましたら我慢しないでお早めにお越しくださいネ。
自分ではわからない時は、お気軽にご相談ください。

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 1oshi

ウォーキングで肩こりや腰痛予防

最近、朝のウォーキングを復活させました。
ウォーキングを始めてからもう3年になります。
私は始めた頃はダイエット目的のつもりだったのですが、腰の調子が良くなり、今では腰痛予防のために歩いています。

整体院が言うのもなんですが、やっぱりウォーキングってすごいです。
手を振って大股で歩くと骨盤が動くので、自然に筋肉が緩み、肩こりや腰痛が改善されます。

筋肉を動かさないと凝り固まってしまい、朝布団から起きる時や、長時間座椅子なんかに座っていると、「アタタタタ」となってしまいます。

いつもこういう久々に歩き出した日は、歩き出し30分くらいすると、足(太もも)がかゆくなってきます。
それだけ血行が悪かったんだなーと実感しますが、2、3日続けると、かゆみは全くなくなります。

ウォーキングをずっと続けてるのに、歩くと腰が痛くなってきたっていう方は、靴が自分の足にフィットしていないのかもしれません。

実は私、昨年ウォーキングを続けていたある日、腰痛に見舞われたことがあります。
なぜだろうと思っていたのですが、夫に「靴ひもを緩めてるのが原因や」って言われてドキッとしたことがあります。

ウォーキングを始めた頃は張り切っているからか、毎回靴を履くときに、きゅっとしっかり靴ひもを結びます。
しかし、だんだん慣れてくると、靴ひもが緩んできてもそのままにして、脱ぎやすく履きやすいしいいわ~っと放置していました。これが大きな間違いでした。

無意識には、足の親指を上げて歩いているのだそうです。
これによって、足や腰の不調が出ることがあるのです。

歩いている時に、足や腰が痛むという方は、ぜひご相談ください。

薄い靴下を履いている時も、靴の中で足が動くと同じようなことになるので注意が必要です。

健康的なことをしているのに、なんで腰が痛くなるねんって思いましたが納得です。
これからも、靴ひもをきゅっとしっかり結んで、健康ウォーキングを続けます。

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 1oshi

気合いと整体で、花粉症の症状を軽減しよう!

毎年、この季節はいつも、ゴールデンウィークまで花粉症に悩まされています。
家族の中で私だけ・・・。
くしゃみ連発、目もくちゃくちゃ、お肌はボロボロ、の私に対して、夫も娘もピンピンしています。

特に、症状がひどいのは、夜お風呂に入るあたりから、布団に入る頃。
そして、朝、寝起きが一番ひどい。

なんでかなーと思っていたのですが、夫いわく、花粉症って自律神経と大きく関係しているのだとか。

交感神経(緊張)が優位な状態だと、花粉症の症状はマシなんです。
反対に、副交感神経(休息)が優位な状態だと、ひどくなるそうです。

だから、仕事や家事で、「あー忙しっ!」ってなっている時は、くしゃみも鼻水も出ないのか・・・。

この時期は特に、常に気合いを入れた生活をした方が良さそうです。

なのでこの法則?通り、私は洗濯物を外で干しても平気になんです。
取り込む時、たたむ時の状態が、交感神経が優位な状態で気合いを入れたらOKなんです。

ただし、たたむ時が遅れて寝る前になってしまった時は最悪で、くしゃみを連発しています。

この話を裏付ける証言がありました。

大阪出張の長年来のお客様で、歯科医の先生がおられるのですが、この話を夫がしたところ、先生も同じことを言っておられました。

歯医者さんの待合室では、鼻水だらだらの花粉症のひどい方でも、いざ診察が始まると、皆さん花粉症の症状がぴたりと消えるんですって!
そりゃ、あの歯医者さんの椅子でリラックスできる人は誰もいないと思います。
交感神経マックスのひと時でしょうね。

さらに面白いことに、この法則は、タイプというか、「人」にも当てはまるようです。

夫は花粉症の季節でない時でも、その人が花粉症があるかないかを当てることが出来ます。
たまに外れることもありますが、大体当たります。

花粉症じゃない人は、交感神経優位タイプで、常に戦闘状態にいてるような人。
こういう人は、粘膜が荒れる事が多く、口内炎や胃潰瘍になりやすいそうです。
花粉症の人はその反対ということで、リラックス上手なのかな。
私みたいによく寝れる人みたいな感じかな?

また、「花粉症じゃないはずなのに、今年から花粉症になっちゃったかもしれない」、っていうような人は、その鼻水や鼻づまりが、意外と骨の歪みや食いしばりが原因だという事があるんです。

咳が止まらないとか、鼻がつまる、喉が痛い、目がショボショボするといった症状もアリです。

アレルギーを整体で治すということではなく、辛い症状を背骨の矯正と顔面矯正によって軽減することができるんですよ。

こんなこと、整体と関係ないだろうなってことでも、整体で解決することがけっこうありますので、何でも一度ご相談くださいね。

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 1oshi